京都抹茶スイーツの老舗 舌の肥えた常連をも唸らせることが出来る本物の抹茶スイーツ・話題の抹茶カレー伊藤久右衛門や京都土産口コミサイト

日本茶生産地MAP

日本茶生産地MAP

お茶の生産地MAP画面
資料)お茶百科より

お茶は全国いろいろなところでつくられています。
おいしいお茶を育てるには、朝夕の温度差が大きくひんやりとした山間部で、革に沿った水はけの良い湿度の高い所が最適だとされています。
どの産地でもおいしいお茶をつくろうと努力と工夫をしています。

宇治茶(京都)

静岡茶とともにお茶どろことして有名です。
高級煎茶・玉露・抹茶がつくられている。

静岡茶(静岡)

日本全国のお茶の約半分を生産する。作られているお茶のほとんどが煎茶である。深蒸し茶が多くつくられている。山本茶・川根茶・菊川茶・掛川茶などたくさんの銘柄がある。

狭山茶(埼玉)

消費量の多いい東京に近い為、お茶の生産地として発展した。製造の最後に高温で火入れえおするため、強い香りが残るのが特徴


村上茶(新潟)

お茶を量産できる北限。寒さに強い品種のお茶の樹で生産を上げている。渋みが少なくまろやかな味のお茶が出来る。


西尾茶(愛知)

歴史は古く、安土桃山時代から栽培され始める。抹茶の生産地として有名


伊勢茶(三重)

生産量全国で3位。主に宇治茶にブレンドされて売られている。

奈良茶(奈良)

生産量は第4位だか以外に知名度が低い。生産地が宇治との境なので、宇治茶と似ており、薄味だが高級感のあるお茶ができる。

八女茶(福岡)

玉露の生産地として有名。味は農耕で甘みが強い


薩摩茶(鹿児島)

静岡についで第2位の生産地。その大半が煎茶である。最南の生産地なので全国に先駆けて新茶ができる。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

modified by QHM Design Bizen Web Planning