京都抹茶スイーツの老舗 舌の肥えた常連をも唸らせることが出来る本物の抹茶スイーツ・話題の抹茶カレー伊藤久右衛門や京都土産口コミサイト

抹茶の話

抹茶の話

抹茶は緑茶の一種で碾茶を粉にしたもので茶の葉を蒸して乾燥させた碾茶を茶臼でひいたもの。種類は黒味を帯びた濃緑色の濃茶(こいちゃ)と鮮やかな青緑色の薄茶(うすちゃ)がある。


抹茶の効能と成分

有効成分ビタミンA、ビタミンEは脂溶性であるため、 熱湯ではほとんど溶出されません。これらの脂溶性物質(ビタミンA・ビタミンE)を摂るためには、 茶葉をまるごと摂取できる抹茶は効率よくお茶の成分を取る事が出来ます。

効能
ビタミンB1 B2糖質、エネルギーの代謝
ビタミンCガン予防、美肌効果抗酸化作用
ビタミンE抗酸化作用、ガン予防、抗不妊効果
カフェイン覚醒作用・利尿作用
ミネラル整腸作用
カテキン発ガンや腫瘍の抑制作用活性酸素に対する抗酸化作用血液、血管に対する諸作用
(コレステロール低下、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制など抗菌・抗ウイルス作用(食中毒予防)、抗インフルエンザ作用 脱臭作用(口臭予防)
βカロチン抗酸化作用 ガン予防 免疫力の増進 β―カロチンは人の腸内でビタミンAに転換する


何故、抹茶が良いのか?

体に良い成分が豊富に含まれている緑茶ですが、緑茶だとお湯で煎じて飲むのが通常です。これだと水に溶けにくい成分は茶葉に残ったままになってしまいます。

抹茶だと碾茶(緑茶)を茶臼でひいて粉にしたものなので茶葉に含まれる栄養素を丸ごと摂取できます。

注)腎臓病、透析をされている人は抹茶に含まれる余分なカリウムを排出事が出来なくなる高カリウム血症になる場合が有るので、抹茶は控えた方が良いでしよう。


お茶の四大成分まとめ

  • アミノ酸
    6ツノアミノ酸を含んでいます。テアニンはお茶の「旨味」の元となる成分
    これに役立つ
    [check]脳・神経機能の調整リラックス作用


  • カフェイン
    眠気覚ましなどの覚醒作用を持ちます。お茶の「苦味」の元となる成分
    これに役立つ
    [check]利尿作用・疲労回復・二日酔い防止・脳・筋肉機能の刺激


  • アミノ酸&カフェイン
    [check]お茶のカフェインは刺激が穏やか
    (覚醒効果をもたらすカフェインとリラックス効果をもたらすテアニンが結び付くことで、同じ量のカフェインを有する飲み物よりも、日本茶は覚醒作用が穏やかであると認められている。)


  • カテキン
    急須で淹れたお茶または茶葉の中に多く含まれています。他の食品からは摂取しにくい特異な成分で、お茶の「渋み」を生み出します。
    これに役立つ
    [check]がん予防・コレステロール上昇を抑制・抗菌&抗ウィルス・虫歯&口臭予防・整腸作用・老化の抑制


  • カテキン&カフェイン
    [check]お茶は長寿の友
    古来、お茶は薬として飲用されていた飲み物。お茶の葉には他の植物にはあまり存在しないカフェインとカテキンが含まれているからだと言われています。


  • ビタミンC
    酸化を抑える成分として知られるビタミンC 高温に弱いビタミンCですがお茶に含まれるものはカテキンと結び付き、熱湯でも消失しにくいと言われています。

これに役立つ
[check]皮膚や粘膜などの健康維持・抗酸化作用


  • ビタミンC&カテキン
    [check]お茶のビタミンCは熱に強い
    ビタミンCとカテキンが結びつくため、熱いお湯でお茶を淹れても、しっかりとビタミンCが摂取できます。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

modified by QHM Design Bizen Web Planning